コンセプト

社長の想い

元天 名前の由来

ダブルネーミーニングになってまして、一つは、読み方のとおり「原点」ということです。
もうひとつは功利主義にならずに「天」の「元」にかえってものごとに取り組んでいこう、
「儲かったらそれだけでええっちゅうわけやない」。それが「元天」です。

商いへの想い

儲けるための商売だという方もいるかもしれませんが、不思議なことに儲けようとだけ思って商売して、
本当に儲かった人はいないと思うんです。
儲けるだけではあまりにもむなしいと思いませんか?

商売というのは元々心を込めて商品を仕入れ、それを心を込めてお客さんに売る。
特に私達は食べ物という命を売っています。私達商人はお客さんとの間で命をやりとりしているということを、
しっかり肝に銘じて商いしていかないといけません。
それには魂のこもったやりとり、人間関係が必要だと思っています。

大事なのは人のはずなんですが、
今のスーパーやコンビニ、ファーストフード店の機械化された環境では生きたやり取りはできないのです。
それはマニュアル化された接客にも言える事です。
だから私は 「まずは、接客マニュアルをやぶり捨てる」 ことから始めました。

簡単な例ですが、マニュアル製作者が「いらっしゃいませ、こんにちは」と言えばお客さんは喜んでくれた。
そこには喜びがあって、お客さんとの間で心のやりとりがあった。
そんな、製作者の実体験がまとめられています。
店員は社員研修で、そのマニュアル道理の指導でそのとおりに接客する。
でも、その店員が実際にそれを行うときには、すでに最初に発見した商人の喜びはもうないんです。
その途中で心が失われてしまって死んでいるんです。
マニュアルに書くことができるのは知識だけで、生きた喜びは書くことができません。
商いは受験勉強じゃないんですから、知識だけを身につけてもダメなんです。
自分とお客さんとの間で喜びを作り出さないと商人・商売の意味がない。

そんな想いから、「マニュアルに縛られない接客」を目指しています。

元天の目標は日本一!

大きいとか小さいとかじゃなく、
日本にただ一つのユニークな企業でありたいと思っています。
人の気持ちが介在しないただただ美味しいだけの商品ではなく、
作り手がお客さんのために一生懸命、魂のこもった旨い物を提供していきたい。
ほんまもんの旨いものを日本中の方々に食べてもらって、
本当の商い「元天」を見てもらいたい。